header.jpg

白川疏水1(哲学の道) 一覧

疏水分線
蹴上で分かれた疏水分線。
流れは速いです。

このまま南禅寺の水路閣まで行けますが、疏水に柵はなく、反対側はストンと落ち込んだ崖状になっている場所が多いので、少し緊張感があります。

疏水分線
まずひとつ無名の橋があります。
渡ってもなにもありません(笑。

水路閣
水路閣に着きました。
一直線の流れが清々しいです。
水路閣
下はこうなっています。
水路閣
テレビドラマにもよく登場する美しいレンガ造りのアーチ橋です。
長さ93m。力強い京都の近代化遺産の代表的構造物です。

でも、建設当初はさんざんな評判だったとか。
たしかに南禅寺の境内の中で唯一異質な存在であることは否めません。
「山水の美、古社寺の典雅を傷つけるいわゆる文明流に走りたる軽挙!」と大非難したのはかの福沢諭吉さん。
水路閣
いまとなってはただ美しい景色のように感じますけれど。

流れは水路閣を渡ったあとしばらくして暗渠へと入っていきます。
水路閣
白川疏水
google提供
蹴上で分かれた疏水分線は南禅寺境内の水路閣を通り、哲学の道の水路を北へ向かって流れます。
北が高く、南が低い京都の盆地を反対方向にぐんぐん流れているのは不思議な感じがしますが、 そもそも京都市より琵琶湖の水面のほうが30mも高いことで、このような水路が作れたのだそうです。




ここではまず銀閣寺までの道のりを歩きます。

このページの上部へ