疏水沿いの道はどこも桜の木がたくさん植えられていて、春は本当に華やか!

安朱橋の桜と菜の花のコラボは毎年NHKのニュースに映像が流れます。

どこまでも桜の続く岡崎の疏水。
桜のシーズンは十石船。
往時の目線を体感できます。
インクラインは観光客がぞろぞろと歩きます。

白川疏水は訪れる人の少ない桜並木。



南禅寺の奥の水路閣はサスペンスドラマに度々登場します。
なんだかもうサスペンスな雰囲気がしみついてしまいました。
水路閣
レンガ積みがねじれていて四次元に行ってしまいそうな「ねじりまんぽ」。
ねじりまんぽ


無数の水鳥が憩う夷川船溜まり。
夕方の岡崎疏水と慶流橋。

比較的訪れる人の少ない紅葉の時期も見逃せません。
12月上旬。
岩倉実相院の床もみじにも匹敵?「疏水もみじ」。
哲学の道の「疏水もみじ」。
洛東高校正門。
安祥寺の西側。

12月14日には赤穂の義士たちが疏水を渡ってやってきます。

1月にはこの雪景色。
山科の安朱橋。
雪の哲学の道はひっそりとして、思索にふけるのにぴったり。
こちらは銀閣寺道の白沙村荘の前あたり。