header.jpg

岡崎疏水 一覧

慶流橋
1895年内国勧業博覧会のときに平安遷都1100年を記念して建てられた平安神宮。
慶流橋はそのときに朱塗りの橋になりました。
元は幅3mの木の橋だったとか。
慶流橋

慶流橋
まっすぐつきあたりが平安神宮です。
このあたりは観光のお客さんでいっぱいです。
広道橋
広道橋。

向こう側は京都市動物園です。

「動物園の橋」といったほうが伝わりやすいかもしれません。

上から見ても動物園って楽しそうですね。
動物園も疏水の水を引いています。
豊富な水のおかげで園内をクリーンに保ちやすいそうです。
岡崎疏水
google提供
琵琶湖疏水本線の最終コースが岡崎を流れる鴨東運河です。

岡崎地区は多くの文化施設、明治時代からある施設、庭園などがある観光エリア。

その象徴は巨大な平安神宮の鳥居かもしれません。

この区間では桜の時期に十石舟の運行も行われ、たいへんな人気です。

昭和の時代になってからも夏には疏水でたくさんのこどもたちが泳いでいましたが、現在は遊泳禁止。
十石舟の低い視線から往時をしのぶのもよいでしょう。

このページの上部へ