header.jpg

岡崎疏水 一覧

岡崎桜回廊十石舟めぐり

岡崎疏水の十石舟は2012年より夜間運航がスタート。 疏水沿いの桜のライトアップも行われ、優雅な夜の舟遊びを楽しめます。 南禅寺船溜まり乗船場から夷川ダムまでの1.5キロ区間はLED照明で照らされます。

ソメヨシノのピークを少しすぎて、桜吹雪が疏水に舞う至福のタイミングで乗船できればホントに最高です。

岡崎桜回廊十石舟めぐり主催は地元京都の美術館や団体でつくる京都岡崎魅力づくり推進協議会など。

期間は3月30日〜4月15日
時間は午後6時〜9時30分
往復25分ほど。

岡崎疏水の十石舟
もちろん、日中の十石舟運航は例年通り。 3月29日〜5月6日 午前9時30分〜午後4時30分の15分毎に出発(原則として)


気をつけたいのは予約がないこと。
夜間運航も含めて、チケット販売は当日午前9時15分から始まります。
要するに夜間運航を楽しむなら、一度朝にチケットを買いに行かなければならないということになります。

桜のピーク時にはチケットは午前中にすべて売り切れることがあります。


料金は高校生以上1000円。
小中学生500円。
チケットは南禅寺船溜まり乗船場の特設テントにて購入します。

住所:京都府京都市左京区岡崎南御所町
交通:地下鉄東西線「蹴上」下車5分

岡崎疏水の桜です。
岡崎疏水の桜
東大路の徳成橋付近。
岡崎疏水の桜
隙間なく染井吉野が続いていて、春爛漫な雰囲気です。
岡崎疏水の桜
岡崎疏水の桜
(2011年4月14日撮影)
岡崎疏水の桜
鴨川運河接続点の木橋
鴨川運河接続点には立派な木橋がかかっています。

異常な水位になったときにはこの下の放水路から疏水は鴨川へ流れ出ます。

普段、放水路は閉じていて、疏水の水は全部鴨川運河へと流れていきます。
鴨川運河接続点の木橋

鴨川運河へ

田邊橋
田邊橋は川端通りの橋、ここが鴨東運河の終点です。

疏水はここで直角に曲がり、まっすぐ南へと向かって流れます。
秋月橋
秋月橋は夷川発電所のそばにかかる小さい橋です。
夷川舟溜り
広々とした夷川舟溜りは琵琶湖疏水の中でも最大のものです。

水鳥がたくさん集まっていて、のどかな光景です。
夷川舟溜り
琵琶湖疏水建設の功績を讃えて北垣国道の銅像が立っています。
夷川舟溜り
夷川水力発電所。
赤煉瓦のしゃれた建物です。
熊野橋
熊野橋は徳成橋のお隣にかかる橋。
熊野橋
すぐそばに白川南殿跡の碑が立っています。
徳成橋
徳成橋は東大路にかかる橋。
交通量の多い橋です。
徳成橋
橋の上から東を見ると大文字も見えますね。
冷泉橋
平安神宮と京都会館の間を通る冷泉通りにかかる橋です。

疏水完成時にはまだなかった橋です。
二条橋
慶流橋を過ぎてから疏水は直角に曲がります。
二条橋
二条通にかかるのが「二条橋」です。

橋のたもとには京都会館、みやこメッセ、細見美術館などがあります。

このページの上部へ