header.jpg

タグ「琵琶湖疎水」の一覧

太鼓橋
第10号橋にはいろいろな呼び名があります。 黒岩橋、封じ山橋、山ノ谷橋など。

第11号橋の実績を生かし、翌年(明治37年)に作られた鉄筋コンクリートの橋です。

国の史跡に指定されています。

この橋を渡ると豊川稲荷社や永興寺があります。

鶴巻邸
橋のすぐ近くには鶴巻邸があります。 建築家本野清吾氏が建てたモダンな三階建ての洋館です。
本圀寺正嫡橋
疎水を斜めに渡る朱塗りの橋です。
この先には日蓮上人ゆかりのお寺、本圀寺があります。
本圀寺正嫡橋

金ぴか尽くしでとてもパワフルなお寺ですので、お参りしていきましょう。

真っ赤な山門。加藤清正公が寄進したという開運門です。
くぐるだけでも運が開けるといいます。
本圀寺

金ぴかの仁王様!
本圀寺

金ぴかの梵鐘。豊臣秀吉の姉が寄進したという由緒正しい鐘です。
本圀寺

九頭龍銭洗弁財天には石灯籠にからみつくリアルな金ぴかの龍が!
本圀寺
まだまだ黄金のものがたくさんあります。
パワーをもらえると思います。

本圀寺の枝垂桜は見事。
知る人の少ない京都の桜の穴場です。
本圀寺の枝垂桜
第8号橋は天智天皇陵に向かってかかる橋です。
第8号橋

向こう側一体は御陵です。入ることはできません。
第8号橋

御陵は大きな緑の塊です。
御陵
第7号橋
第7号橋は建設当初は妙応寺橋と呼ばれた橋です。
第7号橋
いのししが山から降りてこの橋を渡るので、柵が作られました。
第7号橋
4人の兄弟姉妹が溺れて亡くなったそうで、お地蔵さんがあります。
第7号橋
少し手前にJRを見下ろせる景色のよいスポットがいくつかあります。
三井寺から見た疎水
三井寺の山上から見下ろす疎水も素敵です。

冬に樹々の葉がまばらになると観音堂へ登る石段の途中から大津運河全部を一直線に見ることができます。




続きはこちら▶ 山科疏水

第一トンネル洞門
疎水はここから長いトンネルに入ります。

第一トンネル洞門には開閉できる扉がついています。
明治29年の水害のときにつけられたそうです。

国の史跡に指定されています。

鹿関橋
大津閘門の橋
大津閘門にかかる橋です。 渡ることはできません。
北国橋

北国橋からすぐ大津閘門(こうもん)が見えます。

北国橋

日本人設計の日本最古の洋式閘門だそうです。
鉄の扉をハンドルで開閉します。


明治天皇も見に来られたので記念碑が立っています。

京阪電車の橋
京阪石山坂本線が運河を渡ります。

すぐそこが三井寺駅です。

京阪電車の橋
三保ヶ崎橋
大津絵橋
浜大津駅から続いてきた遊歩道「大津絵の道」から斜めにかかるかわいい橋です。
第一疎水揚水機場


水位が下がっているときの揚水ポンプ場です。

第一疎水揚水機場

大津
琵琶湖疎水は大津の三保ヶ崎の取水口からはじまり、三井寺の山の下へ潜っていきます。 主な橋は5つ。 取水口からトンネルまで楽に歩ける距離です。
新三保ヶ崎橋
新三保ヶ崎橋は国道161号線。 向こう側は琵琶湖です。
新三保ヶ崎橋


第一疎水の始まりの橋です。

このページの上部へ