スタンプラリー
写真:京都新聞より
琵琶湖疏水の歴史遺産を巡るスタンプラリーが11月23日にありました。

京阪浜大津駅(大津市)と京阪神宮丸太町駅(京都市左京区)を結ぶ約11キロを歩くもので、全国から約310人もが参加。

疏水沿いはイチョウやモミジが鮮やかに色づいて、歴史遺産と紅葉が同時に楽しめる会となり、参加者の満足度も高かったようです。

企画したのは市民団体「近代京都の礎を観る会」と京都府旅行業協同組合。


小関越えの途中にある第一竪坑や南禅寺水路閣など4カ所にチェックポイントが設けられました。